腸内環境を改善する事が健康に早道

健康にとって内臓を健康にすることが大切
得に胃や腸は健康の入口だ
腸管内の健康状態が悪いと栄養の吸収力が悪くなり
有害菌が繁殖する
有害菌は腸管内で有害物質を生成する
腸管内、つまり腸内環境で生成された有害物質は体内に運ばれ健康状態を悪化させる
健康を維持し内臓器官を元気に機能させるために
腸内環境のバランスを整える必要がある
いわゆる腸内フローラと言われる腸内環境の腸内細菌叢での有害菌の増殖を抑え
有用菌の元気を活性化させることが必要です
有用菌、つまり腸管内の善玉菌を活性化させ増殖させるる必要があります
善玉菌と言われるビフィズス菌や乳酸菌を活性化させ腸内細菌を最適さする事
腸内環境を改善するには腸内細菌のバランス維持が大切なのです
腸内細菌の善玉菌が好む水溶性植物繊維やオリゴ糖を摂取して善玉菌を増殖・活性化すること
腸内の免疫細胞を活性化させ体力や健康維持出来る食生活や運動をこまめにしましょう

 

腸内環境の改善には善玉菌を増加させる

善玉菌を増やすことにより悪玉菌を減らせます
腸管内のぜん動運動や消化吸収・免疫力の増加に腸内フローラの腸内細菌は深い関係があります
腸管内の善玉菌と悪玉菌比率の改善が大きなポイントになります
善玉菌が活性化することで腸管内のぜん動運動が促され、悪玉菌の死骸や有害物質を体外に排出できる排便を促せます
悪い便を一刻も早くがtが意外に排出することにより、悪玉菌の有害物質の影響を最小限にとどめることも可能なのです
悪玉菌が増殖するとおならも臭くニオイ口臭や体臭の原因にもなります
善玉菌を増殖させることがとにかく大切なのです

 

食物繊維を摂取する

食物繊維は大腸で便のかさましをするので便がスムーズに排便されるようになります
食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維(ニンニク・オクラ・行武・にんじん・大麦・リンゴ・バナナ・わかめ・昆布など)と
水に溶けない不溶性食物繊維(おから・小豆・クリ・シソ・パセリ・こしあん・納豆・さつまいもなど)があります
便秘で悩んでいる人が不溶性食物繊維を多くとりすぎると
腸内大腸に水分が少い状態で
便が硬くなる水分の少ない不溶性食物繊維を食べ過ぎると
便が余計に固くなり出にくくなるケースもあります
便秘で悩む人は、水溶性食物繊維を意識的に摂取することをお勧めします

ヨーグルトなど発酵食品を多くとる

発酵食品に含まれる乳酸菌は善玉菌です
腸内環境のバランスを改善してくれるので
ヨーグルトやチーズだけでなく、漬物や味噌・コウジ・酢など摂取するようにしましょう!

更新履歴